2018年4月22日日曜日

お外でDTMのススメ

どうも僕です。

最近ハマっていることがありまして、是非みなさまにオススメしようとブログを書き始めた訳ですが、表題の件です。

お外でDTMです。

作曲業はじめてかれこれ5年目なんですが、気付いたんですついに。

部屋に籠って作業するの苦手という事に。

冬のクソ寒い時期を抜けて、花粉飛び交う地獄の時期もようやく終わり、外はうららかな陽気、日陰は涼しく、日向はあったかい。

そんな日に暗い部屋に籠って作曲?

冗談じゃない!

そう思ったわけです。なんかこう温かい日差しの中で気ままに遊ぼう、何かとストレスの多い現代社会、そんな時間も大事だぜ、さあ部屋から出よう!!

とまあそう思ったわけです。

んで外に出て日向ぼっことかしてみた訳ですが、まあ10分くらいで飽きるわけですよ。

そして、現在それなりに仕事が立て込んでて、

あんまりサボってる暇ないんですね。

日光にあたりたい、外で何かしたい、でも仕事もいっぱいで曲作らなきゃ。。。

そう悩んだ結果、必然的に

お外でDTMするしかなかったわけです。


やってみると意外や意外、想像してたよりずっと有意義というか楽しい時間を過ごせるんで何かと部屋にこもりがちの全国の音屋のみなさまにオススメしようと思います。

準備するもの


まあこんな感じですよね。

僕は持ち運び用のインターフェイスにCI2、iRigkey トラックボールとmac book airですが、ぶっちゃけインターフェイス無くても出来ます。今やってる仕事がまずまず打ち込みが必要なんでこんな装備ですがmidiキーもトラックボールも使わない人は要らないです。

ポイント1 自宅と共通のDAWを使う

そもそもノートPCをメインで使ってる人はまったく気にしなくていいんですが、
僕は自宅ではwindowsのデスクトップにcubaseで作業します。MIXや細かい部分を自宅に持ち帰って編集する際に同じDAWで作業してるとほんとに楽。

ポイント2 DAWの純正音源で作業する。オーディオ録音はしない。

これも自宅に持ち帰った時の再現性の問題で純正シンセだけで作っておくとプロジェクトファイルとバックアップファイルのみ動かせば完全に再現できるんでオススメです。
オーディオ録音しちゃうと移動させたときにファイルの位置が変わって「見つからないんです」とDAWに怒られるので結構めんどくさいです。

ポイント3 机、椅子がある所が100倍くらいオススメ


これ先日桜が綺麗な河川敷にある広場で作業してた時ですね。別に机も椅子もない所だって作業はできるんですが、まあまあ腰が痛くなります。


一方、机と椅子がある公園的なところ。この快適さ。


midiキーが小さい事を除けば不自由なく打ち込みできます。

ポイント4 あんまり打ち込み頑張らない曲を作れ

すぐ上に不自由なく打ち込めるって書きましたが、ぶっちゃけピアノをリアルに演奏したりってのは不可能ですダンパーペダルもないし。

なので開き直ってあまり打ち込まなくてもいい曲にしましょう。

どういうことかっていうと


たとえばcubaseならHALION SONICに入ってるTripね。

アルペジエーターやステップシーケンサーみたいに鍵盤1つ押さえたらフレーズ弾いてくれる系のシンセね。

それとか純正じゃないけどXpand2!のaction pad系ね
Xpand2!は自宅でも外でも使えるようにしてるんで純正のように再現できるんですが

これのPAD系はほんとに便利。

ポイント5 自然を楽しむ




まあ野外なんで虫が来ることがありますが、それも含めてお外でDTMですね。

とまあそんな感じで梅雨時期まではお外でDTMを楽しもうと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿