2018年1月16日火曜日

説得力のある音

「説得力のある音」っていうのが確かにあると思う今日この頃です。
あくまでもメロディーやMIX、アンサンブルがカッコいいんじゃなくて
音単体で「説得力のある音」の話。
例えばカウボーイビバップの主題歌「TANK!」の0:05~のベースとか意味不明にかっこいいでしょ?




生楽器だからカッコいいって訳じゃなくて、
最近流行ってるジャスティンビーバーのこの曲とか音数めっちゃ少ないのにKICKにしろリードにしろすべての音がなんかかっこいいでしょ?



どちらの曲も恐らく耳コピして似た音色で音符を並べることは可能ですが、果てしなくかっこ悪い仕上がりになるはずです。「音に説得力」が足りないんです。
じゃあ「説得力のある音」ってニュアンスは分かるけど具体的にどうなの?と言われると難しいんですが
結局は音なんで「周波数」で表されるはずなんです。じゃあその周波数のどこかに「説得力のある音」の正体が隠れている事になるはず。
(※人間味のある発音タイミング云々は今回は置いておいて)
そう考えて悩んだ結果、「ノイズ成分」の中に何かヒントがあるという結論に至りました。
例えばwavesのabby roadとかっていうプラグインはアナログ機器をモデリングして、実際その機材を通したような音に加工するわけですが、要するに「ノイズを付加」するわけです。
例えばMIXエンジニアの松本靖雄さんは実際にアナログテープレコーダーを通すことで独特のサウンドを作られるそうなんですがそれも極論で言えば「ノイズを付加」しているはずなんです。
とまあなんでそんなことを考えるようになったかっていうと
最近アナログレコードプレイヤーを借りたので、仕事してないときはずっと聴いているのですが、同じ曲でも全然音が違うんです。
ほんと今まで恥ずかしながら「レコードの方が音が良い」なんていうのはオカルトだと思っていたんですが、聴きたくなる音というか、聴いていたくなる音というか、それって多分盤の汚れや傷、回転するときの機械音とかっていう「ノイズ成分」が関係していると思うんですよね。
長くなりましたが、エロいゲームの曲だろうが、よさこいの曲だろうが起業VPの曲だろうが、聴く人が「もっと聴いていたい」と感じる曲をつくってお客様に喜んでもらうのが僕の使命なんでね。神は細部に宿ると言いますが、こういう細かい所にこだわりぬいていこうと思う次第でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿