2017年10月20日金曜日

セッションビューでの編集

セッションビューでの編集

どうも5回目です。今日はセッションビューでの編集について。
早速左のブラウザからファイルを持って来ましょう。



んで置いたファイルの場所(今後はクリップって言います)を選択するとこんな感じの表示が出ると思います。※出てない場合は画面右下にそれっぽいところがあるんで押してください。

さて早速どんな事ができるかやっていきましょう。


曲前の余白を詰める。




市販の曲とか使う時、大体曲頭に短い余白が入っています。それが気になる時に再生位置を調節して余白を詰める事ができます。

打撃音なんかの効果音で必ず使う技術です。

gainの調整


入力gainをクリップごとに調整できます。音量がバラバラな音源を使う時大変便利です。逆に効果音で「この音だけ小さくていい」時なんかも便利です。


・ピッチの調整

上の画像のgainの横にあるTransposeというところでピッチ(音程)を変えれます。これマジ便利。
曲に使うことは少ないかもですが、効果音関係で重宝します。たとえば声ネタを低くすれば悪魔っぽくなるし高くすればギャグっぽくできます。

・曲の一部分を繰り返す


これはちょっと上級スキルです。


Warp Loopを点灯させると表示が若干変わると思います。
この際、上のロケーターでの選択範囲を延々リピートします。

これは演者さんの動きに合わせて尺が変わるようなお芝居の時に使います。んでなんかのきっかけで別のクリップに切り替えたりという演出ができます。

この際注意したいのが、Seg bpmという表示なんですが、
これはこのクリップのBPMooだと仮定して~みたいな意味です。この表示だと120だと仮定しています。


この表示とプロジェクト自体のBPMが違うとクリップの再生速度が変わります。狙ってやるぶんには良いんですが間違えて触ってしまった時などビクッとしてしまうのでこういう機能があると知っておきましょうね。


目次
 はじめに

 Ableton live liteの導入方法

 各画面説明、基本的な使い方

 環境設定について

 セッションビューでの編集
 
 アレンジメントビューでの編集

 エフェクトを使った編集

0 件のコメント:

コメントを投稿