2017年10月17日火曜日

ableton liveで音響小技

どうも、年に一度だけ最高に緊張しながら音響する僕です。

んで表題の件ですね。かれこれliveでやりだして3年目にもなると数々のピンチの経験から各種ノウハウが溜まってきましたんで、自分用メモも兼ねて書いてみます。

音量がバラついたファイルもらった時

これめっちゃあると思うんですわ。

まあこういうやつ。曲が3曲繋がっているんですが、2曲目の終わりにSEが被っていてそこでレベル調整されてるんで全体的に波形が控えめになってしまってます。

こんな時、フェーダーで上げ下げしても良いんですがめんどくさいのと色々危険なので本番直前で変更があったとかでない限り波形を大きく揃えてあげます。


まずliveのアレンジメントに読み込んで


command+Eで指定の位置でクリップを分割できるんで分けます。上の画像は3つのクリップに分けた所ですね。


んで個別にgainを調節してあげます。

ちなみに僕は全トラックにw1リミッターかますのでピークしててもガンガン波形をでかくします。波形の見た目上はピークしてるように見えても確実にリミットしてくれる頼れる奴です。純正のコンプレッサーでは無理なんでぜひ入れましょう。

んで結合。結果むっちりした波形になりました。




あとはこれにわかりやすい名前をつけて左のブラウザ的なエリアにドラッグアンドドロップ


すると勝手に


こんな感じで入ります。

あとはこれをセッションビューで読み込めばおk。


live入れたけどいまいち使い勝手がよくわからない

導入しようか悩み中みたいな人の参考になれば良いなって。






0 件のコメント:

コメントを投稿