2017年3月31日金曜日

純正律について考えてみた。

どうも僕です。

前回前々回とヘミシンクとソルフェジオ周波数について考えてきたわけですが、
こんかいはソルフェジオ周波数を調べてるとき偶然知った純正律について考えてみます。

純正律とはなんぞや、って話なんですが。細かい説明はwikipediaかなんかを見て下さい。
僕も完全には理解してないっぽいので。

要は「特定のキーに最適なチューニング」って感じです。

現在、我々の普段耳にするような音楽は大体平均律っていってどんなキーでも演奏できるようなチューニングになっています。

例えばピアノのドからレの音程の差とレからミの音程の差は一緒でしょ?

音の差が全く一緒なんで転調しても違和感なく演奏できるんですね。

音の差が全く一緒なので、和音を弾いた時に完全に調和しないっていうのが平均律の弱点になります。

逆に純正律はCメジャーの純正律にしたらCメジャー以外の曲は音痴な音が多くて弾けないけどそのかわりCメジャーで使う和音の多くは完全に調和するっていうメリットがあります。


僕も上記の事柄をすべてインターネッツで調べて

ふーん、ほんとかよ・・・?

と疑いつつMIDI純正律で演奏する方法が無いと確かめようがないじゃねえか、と悩んでいたわけです。

余談ですがcubaseにはHMTっていう機能があって完全な純正律じゃないけど純正律っぽくMIDIを発音できる機能があるんでcubase使ってる人は試してくださいね。
この方法はVST3対応のソフトシンセを使う場合は良いんですが、僕メイン音源がINTEGRA-7(外部)なんで使えなかったんです。

んでどうにか出来ないかなあと検索してたら

うん。

INTEGRA-7やっぱり神!

16トラック個別に純正律各キー、平均律その他ピタゴラス音階とかアラビック音階とかも出来るご様子!

という訳でやってみた。



各サイン波、STセクション、ピアノで同じフレーズです。
手癖で勝手に弾くくらい良く使うコードを確かめてみました。
前半がAマイナー純正律、後半が平均律っていうファイルになります。

一番最初のCメジャーの和音が純正律の方が伸びやかっていうかシャキっとして聴こえる!!

ピアノは本来純正律にしない楽器なんで純正律の響き方がなんか気持ち悪いけどストリングスなんかはすごく心地いい気がする!!

サイン波で聴くと、調和してる部分の音のうなりが無くてすごくすっきり聴こえるよ!!

とまあ

元は癒し系音楽を作ろうとして色々調べだしたんですが、この純正律に癒し効果があるのかは不明です。

ですがこのシャキッと感を普段の曲作りに取り入れていこうと思う僕でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿